So-net無料ブログ作成

Achenbach’s syndrome/間に合わず残念

以前にもアヘンバッハ症候群についてかいたと思います↓



記憶の強化のたま、本日も同じ話題ですが、↓のようなレポートがありました。


Achenbach's Syndrome in a 30-year-old Healthy Woman


Intern Med 58: 1807, 2019




・今日に手の指の皮下出血があって、痛みを訴えれば、この疾患をあたまに浮かべないと行けません。鑑別診断は、上の論文の中には↓のようにかかれています。


This syndrome is characterized by exacerbation and remission without treatment and is diagnosed by the exclusion of diseases, such as trauma, vasculitis, and atherosclerosis


・血管炎、外傷、動脈硬化を鑑別と言うことですね。


以下日記

・本日6/17(月)は、6時に起きて、朝勉して、朝蕎麦食べて、午前中大学へ。(疫学中級テキストの学習)。学習会中電話とLINEが来たみたいでしたが、気づかず。学習会終わってiPhoneみると上司のDr. Jから、私の患者さんが亡くなったという連絡。昨日のブログで、ターミナル・ステージであした自宅に外出予定の方でした。昨日の晩から状態悪く今日の午前中になくなられました。私が予想していたよりもはやく、残念ながら生存中の外出はかないませんでした。昼から病院に出て、ご家族と挨拶し15時頃お見送りをしました。お見送りには看護部長をはじめ、いっぱい看護師さんがでてきてくれました。

・16時から夜間診療。それが、おわってご家族に病状説明。病院をでたのが、19時45分。帰り道、若い女性と落ち合って、物の受け取り・・・って、知人の女性からお米を分けてもらいました。で、帰りCOOPの駐車場にある自動脱穀機で、精米して20時35分帰宅です。配偶者がチヂミをやいていたので、ダッシュでお風呂入って夕食。その時、ノンアルを飲んだつもりが、よくみたらビールでした。で、毒を食らわば皿までで、ジムビームのハイボールを少しだけ作って飲みました。で、このブログを書いております。そして、これから寝床へ行きます。それにしてもチヂミを食べ過ぎて、苦しい。











This syndrome is characterized by exacerbation and remission without treatment and is diagnosed by the exclusion of diseases, such as trauma, vasculitis, and atherosclerosis

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。