So-net無料ブログ作成

扁桃腺をとったのに扁桃腺炎/久々のCA

・私が若かりし頃(医者に成り立ての頃)、患者さんが子供の頃扁桃腺はとりましたと言われたのに口の中みたら扁桃腺炎でしたということが時々ありまして、どういうことじゃと思っておりましたが、患者さんがとったのは、口蓋扁桃ではなくアデノイド(正確には、咽頭扁桃)であったといことがちょっと勉強して分かりました。実は一般に扁桃腺と言われているのは、口蓋扁桃と言われているものですが、それ以外に咽頭扁桃、耳管扁桃、舌扁桃というものがあるのです。で、扁桃腺を子供にとったの扁桃腺炎になるのは、咽頭扁桃をとったひとが、口蓋扁桃炎になったからなのですね。


cf. 口蓋扁桃(『医学書院医学大辞典第2版』の説明)


中咽頭の両側で,前方を口蓋舌弓,後方を口蓋咽頭弓に囲まれた扁桃洞に存在するリンパ器官である。通常,その1/3が咽頭腔に突出し,他は扁桃洞粘膜下に埋没している。表面は重層扁平上皮で覆われており,多数の上皮の陥凹(陰窩)が存在し,陰窩上皮に沿って二次リンパ小節が並ぶ構造をもつ。学童期に最大となる生理的肥大が認められる。一般に扁桃腺といわれている。


・今回は、それと違って口蓋扁桃を本当にとったのに扁桃炎にはったお話↓


Lingual Tonsillitis: An Overlooked Cause of Sore Throat


Intern Med 58: 1969, 2019




この患者さんの場合、舌扁桃炎だったわけです↓


舌扁桃等は、『医学書院医学大辞典第2版』によると↓


舌扁桃 lingual tonsil,tonsilla lingualis
[同義語]舌濾胞 lingual follicle

舌根部に隆起する乳頭状の隆起であり,濾胞構造をもつリンパ組織である。口蓋扁桃,咽頭扁桃(アデノイド),咽頭側索,耳管扁桃とともにワルダイエル咽頭輪を形成する。表面は重層扁平上皮に覆われ,陰窩様の上皮陥凹が認められる。学童期に生理的肥大が最大となる他のワルダイエル咽頭輪リンパ組織と違って,思春期以降に最大になるとされる。

・本文中にあるように、口蓋扁桃炎のような症状なのに、口蓋扁桃が腫れていない場合、舌扁桃炎をかんがえないといけないわけですね。でも、普通のないかの診察では見えませんよね。そうなるとかなりひどい咽の痛みは、最初に耳鼻科に行ってもらった方がよいのかな???



以下日記

・本日7/8(火)は、5時11分起床。朝勉して7時半に病院到着し、早朝病棟回診。午前外来して、お昼病棟に寄って、14時過ぎに病院出てダッシュで大学へ。火曜日の午後超久々に大学院のCA(critical appraisal:論文の批判的吟味)に参加です。こんなに無理したのは土曜日の大学院の新入生の歓迎会で、本日CA担当のかわいい1年生から「ぜひきてください」と誘われたから。誘蛾灯に誘われる我のようにその言葉に操られて無理して参加。やっぱりCAはよろしおます。(今日担当の1年生はしっかり勉強されているなあと感心)月曜日の午前はとっても偉い先生に疫学の中級の教科書を教えていただいていますが、CAはそれとはちがった勉強ができます。で、今日は久々後輩達にもあえて良かった。来週も誘われなくても参加しよう、多分参加できるでしょう、参加できたらよいな...

・CA後ちょっと医学書専門店によって血液学の本を買って、歩いて岡山駅まで。途中イオン岡山へよって、たまたまドライフルーツ売っていたのをみつけて購入して帰宅。結構汗かいたのですぐ入浴、「月曜から夜ふかし」の録画観ながら夕食。で、このブログを書いております。現在非常な睡魔に襲われています。なので、もう寝ます。なんせ、明日は当直なので。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。