So-net無料ブログ作成

ミチバの法則:知識は不均等に拡散する・・・浣腸の合併症/うどんショック、でもプチラッキー

ミチバの法則とは、私が個人的に作った経験則で、いくつかあります。「知識は不均等に拡散する(拡散しない時もある)」は、医学的な新しい知見や有用な情報が、いっぺんには医療界の隅々に届かないということです。今回は、その例証として、グリセリン浣腸の合併症の話。

・グリセリン浣腸の合併症については、↓のような注意喚起がPDMA(医薬品医療機器総合機構)なされていました。




・ところが、このような情報を知らずに浣腸をしてしまい、合併症を引き起こしてしまったという事例報告↓




保存的に軽快したグリセリン浣腸による直腸穿孔の2例

日臨外会誌 78( 5 ),1041―1049,2017




【抄録】症例1は63歳,男性.虚血性腸炎で入院加療中に排便困難のため,グリセリン浣腸(glycerin enema:以下GE)を施行した.直後から肛門痛と下血および血尿を認めた.肛門鏡にて歯状線近傍に裂傷と,腹部CTにて直腸周囲の脂肪織濃度上昇と遊離ガス像を認め,直腸穿孔と診断した.絶食と輸液・抗生剤投与を行い,血尿に対し強制利尿とハプトグロビンを投与した.腎不全には至らず,保存的に軽快した.症例2は78歳,男性.頸椎損傷で施設療養中,便秘に対しGEを施行した.粘血便が出現し,下部消化管内視鏡で直腸壁損傷を,腹部CTにて直腸壁肥厚,壁内気腫と直腸周囲遊離ガスを認め,直腸穿孔と診断した.血尿や溶血はなく,絶食と輸液・抗生剤投与のみで軽快した.GEの誤注入による直腸壁の損傷は急性腎不全や腹膜炎等の重篤な合併症をきたすことがある.今回,われわれはGEによる直腸穿孔の2例を経験したので考察を加え報告する


・注意しておきたいのは、PDMAの注意喚起は穿孔のみですが、溶血や腎不全も起こりえることを認識しておかないといけないですね。



以下日記

・2/28(水)は午前外来、午後カンファレンス、夜間診療でした。夜間診療を今まで19時まで受け付けとしていたのを18時までと最近短くしたのですが、仕事が終わったのは、結局19時半で、今までと変わらんじゃん。

・3/1(木)は、午前中産業医学科外来。午後はぽっかりと予定があいていたので、有給休暇をとって映画でも見るかさっさと家に帰ろうと思っていたのですが・・・午前中に予約している患者さんがおひとり来られませんでした。まず、きちんと予約日にはこられるのに、こられないのでお家に電話を入れると奥さんが出られて、朝から起きてこないと...救急車を呼んでと言っても、奥さん、呼び方が分からないと...で、外来後私と産業医学科外来についてくれていた看護師さんと私の車で患者宅まで。で、お家に入ると意識はあって受け答えもできるので安心ですが、「ねたきり」。食事もとれずジュースばかり飲んでいると。(DMがある方です)数日前にしんどくて救急車呼んで他院に運ばれ肺炎と診断されたが、入院する部屋がなく薬をもらって帰ったと・・・細かいことはわかりませんが、かかりつけの病院、つまり私の勤めているところに一報いれてほしかったと残念に思いました。それはさておき入院が必要と考え救急車を呼んで、水島協同病院の救急外来へ。で、無事入院、エガッタ、エガッタ。

・実はその日の朝は非常に葛藤がありました。昼食をうどんにすべきか否かと。最近できた饂飩屋さんを目にしたのでお昼はそこでたべようか、いや、しかしうどんはカロリーが高いから現在diet therapyの私は自制すべき・・・午前外来中この葛藤と闘っていました。しかーし、上記の一件があり、自分にご褒美を与えてもよいだろうと、うどんを食べることに。上記緊急往診が一段落したのが15時前。それから有給休暇なのでうどんを食べに。ところが、新しくできた饂飩屋さんは、14時まで、がびーーーんっ!しかし、もう、頭がうどんになっております。我が家の近くの里庄町にある丸亀製麺へ。そこで、釜揚げうどんとレンコンおよび鶏の天ぷら。なんでか知らないけどその日は釜揚げうどんが半額で、えろーやすく食べられました。で、15時半頃の遅い昼食をおえて、帰宅。あとは、ひたすら事務作業。

・本日3/2(金)は午前外来。幸いなことに13時前には外来終わっていたので、お昼外出して銀行と郵便局に振り込みの手続きに。で、13時半前にカップ麺を食べようとして、お湯を注いでまっていたら、配偶者から電話。泣くような声で、「大失敗した」と。なんか、大きな事故でもしたのかとドキドキしましたが、車のカギがないと・・・本日は、配偶者は私のプリウスを借りて松江の三女のところに行く予定でした。で、私は配偶者のポルテで出勤したわけですが、プリウスのキーをポルテのダッシュボードにいれていたと。で、当然松江へ出発できないと。しゃーないから、予定をやりくりして一時帰宅してカギを渡して、またびょういんへもどってきました。そして夜間診療。最初に書いたように受付時間短くしても、結局終わるのは同じ時間。ナンじゃい、これっ!帰宅は20時20分です。配偶者は無事松江へいったので、私は一人。お風呂入って、親子どんぶりの夕食食べて、明日からの山形出張の準備。それが、おわって、このブログを書いています。明日は、7時前には家を出ないといけないのに、こんなおそくまでブログを書くなんて...これから、寝ます。

nice!(0)  コメント(0)