So-net無料ブログ作成

放線菌症で咬痙/今年は5kg痩せるぞーっ!(と世界にコミット)

標題の咬痙とは英語でtrismusと言います。(私は、こっちのほうを使って咬痙ということはありませんが)『医学書院医学大辞典第2版』の説明が↓


咬痙
コウケイ
[英]trismus
[同義語]牙関緊急 lockjaw,開口不能 独Kieferklemme
顎の筋肉が強直して口が開かない開口障害。破傷風の初期に出現する特徴的な症状である。程度はさまざまで,指が1~2本なんとか押し込められるくらいのものもあればまったく開かないものまである。開口障害出現時から全身性痙攣が起こるまでの時間が48時間以内の場合,致死率が高い。開口障害を起こす他の疾患には顎関節炎,扁桃炎,扁桃周囲膿瘍,強皮症などがある。これらの疾患は口以外の症状で鑑別できる。


・で、↓のようなレポートがありました。


Actinomycosis-induced Trismus with Orbital Involvement



 

Internal Medicine 58巻(2019)1号


・私は、trismusといえば破傷風と短絡して覚えていましたが、上記医学辞書にのっているような疾患、で、放線菌症も鑑別診断にいれておかないといけませんね。



あっという間に以下日記

・本日1/2(水)もおやすみで、7時51分起床です。いったん4時ころ目が覚めたのですが、さすがの起きだすのははばかられて2度寝したらこの時間。今日1日も書類の整理、掃除、事務作業等を行いましたが、さすがに少しは勉強をと"reserach methods in occupational epidemiology"という本をよみだしました。できれば2月いっぱいで読み終えたいものです。

・昨日と同様夕方市役所へ資源ごみを出しに行った帰りに天草公園で30分程度ウォーキングをして帰ってきました。今年の目標の一つに5kg痩せるというのをいれました。果たして、実行できるか?


nice!(0)  コメント(0)