So-net無料ブログ作成

薬による歯肉の全体的な腫脹/患者さんの笑顔が一番

・若かりし頃は、歯茎が全体的に腫れたら、白血病?という短絡思考でした。で、ちょっと勉強して抗けいれん薬(フェニトイン)という鑑別診断が加わりました。で、最近はもうちょっと勉強して抗血圧の薬(カルシウム拮抗薬)も鑑別に浮かぶようになりました。で、その最後の例↓(シクロスポリンもあげとかないといけませんね)


Calcium Channel Blocker-induced Gingival Overgrowth




Internal Medicine 58巻(2019)1号


・cf. 薬の副作用でおこる歯ぐきの腫れ(大阪大学歯学部付属病院のサイト)




・ということで、歯茎が腫れている方がこられたら、まずは、飲んでいる薬剤のチェックですね。




以下日記。

・本日1/3(木)は、7時半起床。午前中ちょっと勉強しましたが、やっぱり午前は頭がさえている感じですね。比較的(あくまで比較的です)すーっと頭に入って、文章もサクサクとかけました。で、10時20分ころ病院へ。絶対いかないというわけでもなかったのですが、明日はちょっと所用で午前中しか病院におれないので、なにかあったら大変なので行ってきました。幸い患者さんは落ち着いておられましたが、たまたまいつも外来で私が診ている患者さんが入院されたので、その方の診察も。明日退院される方がおられて笑顔でお礼をいわれました。やっぱり、患者さんの笑顔が一番ですね。その後病院近くの公園まで行って帰っての30分強のウォーキング。13時20分には帰宅です。あとは、ダラダラしながら、かたづけ、掃除です。ゴミがいっぱい出て、明日ごみだすのが大変。

・では、明日は早起きしたいので、もう寝ます。今日はアルコールは飲んでおりません。すぐ眠れるかな?



nice!(1)  コメント(0)